【W杯H組】アルジェリア、引き分けも初のW杯ベスト16入りの快挙…ロシアは無念の敗退

6月26日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第3節が行われ、グループHではアルジェリア代表vsロシア代表の試合が行われました。

試合は両チーム点を奪い合い1-1の引き分けに終わりました。

この結果、アルジェリアが1勝1分け1敗の勝ち点4で2位となり、初出場の1982年スペイン大会から4度目の本大会出場で初のベスト16入りを決めています。一方のロシアは2分け1敗の勝ち点2で3位となり、グループリーグ敗退が決まっています。




スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

アルジェリア 1 – 1 ロシア


得点者: 

前半06分 アレクサンドル・ココリン[ロシア]
後半15分 イスラム・スリマニ[アルジェリア]





試合ハイライト









アルジェリアが初の決勝トーナメント進出決定!



ともにW杯での初のベスト16入りを狙う両チームが対戦。勝利すれば自力での決勝トーナメント進出が決まるアルジェリアに対し、勝利しかつ同時刻キックオフの韓国の結果次第で突破が決まるロシアの戦いはどちらもゴールを奪い1-1の痛み分けに終わりました。

開始早々にロシアに先制点を許す苦しい展開ながら、粘りを見せて後半何とか追いつきドロー。

引き分けたアルジェリアでしたが、同時刻キックオフの韓国とベルギーの試合で韓国が敗れたため勝ち点4で2位となり、初出場となった1982年スペイン大会から数えて4度目の挑戦で初のベスト16入りの快挙を達成しました!アジア勢が負けたのは残念ですが、アルジェリアには素直におめでとうと言いたいですね(*゚∀゚)っ


一方のロシアは先制したもののセットプレーから追いつかれ悔しい敗退となりました。しかも失点のシーンではGKアキンフェエフにレーザーポインターが当てられていましたし、同じことが起きていた第2戦のアルジェリアvs韓国の例もあるのでまた議論を呼びそうですね・・・



2位通過を決めたアルジェリアは決勝トーナメント1回戦でグループGの1位ドイツと対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ