【小ネタ】倒れそうで倒れない…ボールを競り合った選手が四足歩行へトランスフォームする決定的瞬間(動画)

赤道ギニアで熱戦が繰り広げられてきたアフリカネイションズカップ2015もいよいよ決勝を残すのみ。決勝では優勝候補筆頭のコートジボワール代表とガーナ代表が激突します。


そんなアフリカネイションズカップの準決勝、赤道ギニア代表vsガーナ代表の試合で見られたあるシーンがちょっとした話題になっています。



スポンサードリンク







それがこちら。ガーナ代表MFワカソ・ムバラクは赤道ギニアFWキケ・セノとボールを競り合った際にバランスを崩すと・・・





前のめりに倒れそうになりながらもなんとか必死に両手を地面について絶対に倒れないムバラク!


そのまるで野原を駆ける犬のような姿が何ともシュールだとちょっとした話題になっていたようです。



ちなみに開催国の赤道ギニアが0-3で敗れたこの準決勝では、後半終了間際ににスタンドからガラスの破片やペットボトルなど危険物がピッチに投げ込まれ、上空にはヘリコプターが現れる事態となり、試合は30分以上もの間中断されるなど、とんでもない光景が繰り広げられていたとか。






赤道ギニアvsガーナ 試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ