【アフリカ杯】ジェルヴィーニョが顔面パンチで一発退場!コートジボワールはドゥンビア弾でドローに持ち込む

アフリカ大陸王者を決めるアフリカネイションズカップ2015は17日に開幕。グループDの優勝候補、コートジボワール代表はギニア代表と対戦し、先制されながらなんとか途中出場のドゥンビア・セイドゥの同点弾で1-1の引き分けに持ちこんでいます。


この試合、先発出場したコートジボワールの10番ジェルヴィーニョは相手選手の顔を殴り一発退場となりました。



スポンサードリンク







ギニアにリードを許した後半途中、ギニアの15番MFナビー・ケイタの執拗なマークにいら立ったのか、ジェルヴィーニョはボールのないところでケイタの顔面に強烈なパンチをお見舞い!









もちろん主審がこれを見逃すはずはなく、ジェルヴィーニョは一発退場。リードを許しイライラが募っていたかもしれませんが、これはアカン・・・


1点ビハインドで10人になるという絶体絶命の状況の中、途中出場のドゥンビアのゴールで何とかドローに持ち込んだコートジボワール。ヤヤ・トゥーレ、ウィルフリード・ボニーらタレント揃いの優勝候補とはいえ、ジェルヴィーニョの出場停止が響くとグループリーグ突破さえ暗雲が立ち込めてきそうな予感・・・


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ