【ACL】広島は敵地で完封負けしベスト16敗退…小野が2点を演出したウェスタン・シドニーが準々決勝へ

5月14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズvsサンフレッチェ広島の試合はホームのウェスタン・シドニー・ワンダラーズが2-0で勝利しました。

これで2戦合計スコアが3-3となり、アウェーゴール数で上回ったウェスタン・シドニー・ワンダラーズが準々決勝進出を決めています。敗れたサンフレッチェ広島はベスト8入りを逃しています。


スポンサードリンク






※試合詳細は省略します。サッカーキングの記事よりどうぞ。



試合結果: 

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 2 – 0 サンフレッチェ広島


得点者: 

後半10分 シャノン・コール[ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ]
後半40分 ブレンドン・シャンタラブ[ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ]



試合ハイライト







広島も敵地で完封負けでベスト16止まり(´・ω・`)



第1戦は3-1と2点差を奪って勝利していた広島でしたが、この日はアウェーで無得点完敗。

何といっても2点に絡んだ元日本代表MF小野伸二にやられた感は否めませんでしたね・・・


小野はこれがウェスタン・シドニー・ワンダラーズでの最終戦だったようで、フル出場で大活躍。まだまだ全然やれますな!この日のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれてました。

しかし川崎もFCソウルに敗れたため、これで日本勢がベスト16で全て敗退。Jリーグ勢のアジアでの立ち位置はまだまだ低いという事か・・・(´・ω・`)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ